3人に1人が感染性感染症クラミジア女の子への注意喚起

ガールズトークGirlsTalk

クラミジアはキスでも感染する

若い女の子の腹痛はクラミジアを疑え

クラミジアに一度かかると、皮膚癌やイボがの発症率が50100倍、エイズへの感染率が5倍以上に跳ね上がります。

また、治っても、不妊症になる可能性が2030以上あるのです

女の子の皆さん、清潔ですか。

女子高生の経験者の30前後がクラミジアに感染しています。

女の子に注意して欲しい

つらい思いするから

清潔にして欲しい

癌や不妊で苦しむのは女性

だから絶対にNoと言って

必ずコンドーム付けさせて

クラミジアの正しい知識

ココをタップ

して読みましょう

正しい知識を持ってね

若者の性行動の実態と避妊

1若者の性行動の実態

性交経験率

青少年の性行動わが国の中学生高校生大学生に関する第7回調査報告日本性教育協会によれば、前回調査の2006年に比べ2011年の大学生、高校生の性交経験率は大幅に低下しました。

特に大学女子611468と高校男子26615の低下が顕著です。

性交開始の低年齢化が言われて久しいですが、その傾向に歯止めがかかったように見えます。

人工妊娠中絶率

衛生行政報告例によれば、2011年の人工妊娠中絶実施率女子人口千対は前年比約5減少しましたが、20歳未満の年齢階級においては増加しました。

その20歳未満について各歳別にみると高校生年齢である16歳、17歳、18歳で増加していることに留意する必要があります。

コンドーム

コンドームは避妊だけでなく性感染症の予防にも有効であり、性行動が活発な若者への使用と正しい使い方の普及開発は重要です。

近年、コンドームの国内出荷数は減少の一途をたどっていましたが、少子高齢化社会の到来や景気の停滞にもかかわらず2010年に増加に転じています。

2高校生の妊娠と避妊

昨今の調査で、高校生の性交経験率は3年生で約50に近いとの報告があります。しかし性交に伴うリスクを確実に回避できる知識を持つものは多くはありません。性交後に妊娠が判明して人工妊娠中絶をする場合や、なかには中絶の時期を失して仕方なく出産している例もあります。

高校生が妊娠した場合、出産するか中絶するかの選択へのカウンセリングは重要です。齋藤らの調査で、妊娠した子どもたちの相談相手は専ら友人やパートナーであることが多く、未熟な者同士で悩みを相談し合っている現状があります。何も知らないまま妊娠してしまい、中絶するにしても出産するにしても大きな負担や傷ついてしまうのは女子であり、これらを少しでも減少させるために、高校生までに科学的な性知識を持つように家庭や学校で教育していくべきです。そして、もしかして妊娠したのではと思い悩むとき、身近にいる大人が相談相手になり支援できるように、保護者や教諭は避妊に関する知識を持つ必要があります。

高校生が出産することに対する問題

高校生の出産には以下の問題があります。

1パートナーがいない場合やいても年齢が若く職業についていないことが多い

2経済的に不安定である

3母親自身が未だ成長過程にある

4学業が継続困難になる

5妊娠や出産育児に関する知識がなく、母親としての自覚に乏しい

下記HPより抜粋

外部リンク:ココをタップしてね

本当の事をきちんと知識として、持ってね。

出典:厚生労働省感染症についてのHP

CANDYからの投稿