私の記録完璧を改めて調べてみた

おはようございます。

シー研修後、私の感情に飲み込まれそうになると、

ハッと方向修正をかけて落ち着く、という事が増えてきました。

いろいろな人から

みなさん完璧をやめましょうよ!

って言われてきていて、

きっと、私は完璧に見えるのだと思ってきました。

だから、

本当の私を知らないんだな、私、全然完璧じゃないしね

こんな調子でいました。

これって、完璧をやめなさいってうけとっていませんね

今朝、この完璧という言葉が、一番最初に上がってきたので、

少しの時間を利用して、調べていました。

完璧を求める人の性質という感じで調べてみました。

そこには、私は初めて目にする言葉が山盛りで

しかも、まさにこれって私!!!!って思いました。

長所自分のやるべきことに最後まで責任を持ち、何事にも手を抜かずコツコツと努力をします。細かいところにも気を配るため仕事は丁寧で、常に完成度の高いものを仕上げます。

短所常に完璧を求めるため、周囲にも同じような期待を抱いてしまい、結果として現実とのギャップにストレスを抱いています。他人に対して過度に批判的になったり、自分には失敗したときの後悔をいつまでも続けたりしてしまいます。

人間関係の問題点自分に厳しい反面、他人にはさらに厳しくしてしまう傾向があるようです。常に公平に接することに努めてはいますが、一方で自分が一番正しいと思い込みがち。責任感正義感が強いため、その独りよがりな思いが他人に向いてしまい、融通がきかない、独善的、と見られてしまうことがあります。

独善的字の通り、独り善がりという意味。

自分だけが正しいと思い、ほかの人の意見を聞き入れなかったりすること。

解決策自分と他人は違うのだと認識し、他人のことを理解する姿勢が大切。短所を許し、長所を意識的に探すようにしましょう。他人の良さを受け入れることで、関係は改善されていくはずです。

どこをどう切っても、

皆さんから言われていた完璧をやめなさいにしかつながりません。

なんで私、知らなかったんだろうか?

これらを見て、落ち込むかと思いきや、

これか!と腑に落ちまくりです。

今、本当の自分を見るようにしてきたからこそ、分かるタイミングなのかもしれません。

今頃やっと?なんて思ってもいません。

そうか、これが今までの私なんだな

それでもね、少しづつでも、変化する思考を貯めてるし、行動も続けている自分を応援始めています。

息子との関係も、これだったんだな!!!と思うほどです。

今は、ほんの少しでも、変化できたのなら、

自分で自分をほめています

完璧って、自分が完全であるって事じゃないんですね。

自分が完璧じゃなくてもいいじゃないか〜!

失敗だってあるさ〜!

次、ちゃんとやればいいじゃんか〜!

ほっ。

ちょっとだけ見えてきた気がします。

だって、私、

変わるって決めたから!

ゆきママ

追記

今日は、息子の個別面談です。

私は、今、もう一度

先生のいう事を聞く

をしています。

既に息子から先生の言葉をもらっていて

むすこ先生が、

いつもたくさん字を書いていて、寝るのが遅くなりませんか?

ってl聞かれたから、僕、はい、おそくなりますっていったよ。

そしたらね、

たまには、1ページくらいでいいですよ

って言っていたよ。

この言葉2回聞きました。

なので、昨日、こう言ってみました。

わたしそうだね!じゃ1ページにしたらいいかもしれないよ。

いつもとっても頑張ってるから、自分がいいな!って思う字ならママも何も言わないよ。

だって、すごくきれいな字だもんね!

いつも息子は、2時間くらいかかって書きます。

でも、昨日は、たった30分足らずで、気づけばいつもと同じ分量をかいていました。

しかも、とても整っています。

漢字の練習は、毎日必須だと思います。書くしかないから。

でも、目的は、漢字を書けるようになる、読めるようになる、という事。

綺麗に書ければ、さらにOKくらいに思うようにしました。

すると息子がサクサク動く。

昨日は、20時過ぎには布団の上にいましたし、

さらに、その時には、好きな本を読んでいる余裕がありました。

その本の中には

お友達をつくろう!お友達ってなんだろう?!

って本が入っていて、

母はなんだか、うれしかったです。

ママも、今、信頼しあえる仲間ができてきてるんだよ!

お前も大丈夫!

だって、ママの子だもん