核発電

【核施設事故シミュレーション −韓国・日本−】

使用済み燃料プールでの火災の危険性 ―カン・ジョンミン博士

現在東アジア地域には、中国36基、韓国25基、台湾6基、日本42基の原発がある。そのなかで、今回は、福島第一原発と韓国の古里(こり)原発について、プリンストン大学のフランク・フォンヒッペル博士、マイケル・シェプナー博士と共同でシミュレーションを行った。気象条件によっては、日本に重大な悪影響を及ぼすことになる。

http://www.cnic.jp/7530 原子力資料情報室(CNIC)

広告を非表示にする