「ポジショニング戦略」

アル・ライズとジャック・トラウトの名著

「ポジショニング戦略」

またまたマーケティングの本です。 笑

この本は、何かを作って売る全ての人に読んで

いただきたい。でもなぜか、経営者さんやマー

ケッター、企業の企画開発部の人は必読してい

るにも関わらず、何故かクリエイターには縁遠

い本です。

何故なんですかね?

たまに作家志望者の掲示板や、小説家になろう

等のコミュニティの作品評価を覗くと

「今は〇〇がキテるから、その題材やテーマで

はウケない」

「読者は気持ちよくなりたい。だからつらい展

開が続くと良くない。読者は離れていく」

などの意見を見るのですが、常日頃疑問でした。

それ、本当にマーケティングしたのかな? と思

ってしまいます。

この本にはいわゆるオンリーワンを築く為の技

術、ナンバーワンを切り崩すテクニックが網羅

されています。

世の中に広く浸透する商品、サービス、作品は

全てその時代、その地域に置いて ”穴” になって

いるポジションにすっぽり収まっているんです。

つまり、企画段階でこの ”穴” を見つけ、そこに

収まる為の形式を作る事が求められます。

これは小説も同じで、 ”穴” を見つける力、そこ

に収まったぞ! と対外的に主張する技術がある

と強みになりますね^ ^

文字やタイトル。作家名が全面に出る小説とい

う媒体はポジショニング戦略との相性も良いで

す。

事実、この「ポジショニング戦略」という著書

も、初めてマーケティング用語に「ポジショニ

ング」という言葉を持ち込み、独自の理論を展

開する事で確固たる地位を築いています。著者

のジャック・トラウト自身もまさしくこの著書

マーケティング業界に唯一の地位を築いてい

ます。

ももう一度しっかりこれを読んで魅力的なタ

イトルや内容の作品を書きたいと思います!

( ω ) ♪