読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

梯子観戦

 4月22日は晴れるという天気予報を見て、起きていたらいきなり曇っていて、これじゃこれから行くところも行っても何か交通費とかムダになりそうだし、ということで急遽予定を変更して

 ゆりかもめに乗ってこんな景色を見てから

 新橋から30分近くもかかるのか、というような市場前という駅で降りて行くと、昨年2017年11月7日からは市場があるはずでしたが、こんな状態になっていました。ここをどうするか、看板のまま行くのか、もうあと2ヶ月とちょっとになった7月2日の東京都議会選挙の争点になるそうです。どっちに転んでも、まあ結局は東京都の職員の給与から弁済ということもなく、税金のムダ使いで終わりになりそうです。青果棟の前は、クルマも通らないのにガードマンがいたり、さらには信号とか点灯していたり、その辺の経費も合わせてすでに東京都は100億くらい払っているそうです。あの向こうの標識みたいなのは中国の街角でよく見ていたなとか全然関係ないというか、どうでもいいかと思いつつ、

 築地だったらこっちに場外とかあるし、というような鮮魚棟はまだ工事でもしているのか、最初から囲まれていました。築地市場の敷地に、虎ノ門ヒルズの下を通る環二通理を通さないと、2020年の東京オリンピックの選手や報道関係者や観客の輸送ができなくなるようですが、どうなるのでしょうか。市場が開場していたら、何かしらの施設が市場前駅周辺にはできるはずですが、今はコンビニすらなく、築地に来たような感覚で朝食を食べようと思っても、何もできません。

 しょうがないしまたゆりかもめでも乗るかと行くと、建物に出ていた豊洲市場の文字がここは隠されていました。今のマスコミの流れからすると、築地を営業しながら改修して、ここは中国のアリババにでも売っていくということになりそうですが、どうなるのでしょうか。まあ、東京都の市場は築地だけでなくて大田とか千住とかこの前孤独のグルメにも出ていてどうせ今頃は行列ができていてとてもショウガ焼き定食とか食べられないんだろうというような淀橋とかもあるし、そもそも自分は商売もしていないから関係ないのかもしれません。

 ゆりかもめに乗っていると、今度の東京オリンピックの会場になる有明コロシアムなどもありますが、まだまだ埋立地としてできたときのまま、というような土地もあります。マンション分譲中とか看板が出ていて工事しているところもありますが、有明体操競技場になる予定の土地は何もありませんでした。その向こうの、これもまた都民ファーストとかで横浜で開催したら、となっていたような有明アリーナは工事が始まっていましたが、ここはどうなるのでしょうか。有明アリーナはどうにかオリンピック後も黒字になっていくようですが、それはコンサートなどの別のイベントが開催されるからのようで、スポーツだけで黒字にはならないようです。レガシーがどうのこうの、とか言っているならバレーボール関係者だけで作ればいいのに、ということもありますが、そういう論調はありませんでした。東京の次の2024年の開催場所はまだ決まっていませんが、日本でもこんな感じでモメるなら、他の国で開催できるような国はアメリカくらいしかなさそうです。

 ゆりかもめゆりかもめで遅いし狭いし高いしいいこと何もないのに、オリンピックとか観客輸送大丈夫なのか、と思いますが、そんな一日乗車券を買ってしまったから有効利用するために青海で降りてビーナスフォートへ行きますが、ここは観光客しか来ないから、朝食はロッテリアでしか食べられないようになっていました。そもそもゆりかもめとか朝から乗るなんてことはこれまでなくて、そんなことも知りませんでした。台場まで行けばどうにかなるか、と思いましたが、パンケーキの店なども9時からで、その他はコンビニかマクドナルドくらいしかやっていませんでした。

 しょうがないので、天気がよくなかったから行先を変更したそんな目的地の明治神宮外苑周辺に行きます。4月22日と23日は、この周辺でやる気になれば、朝から夜まで梯子観戦ができるようになっていました。神宮球場も、2020年は資材置場として活躍することが決定していましたが、その際は取り壊されることになっている明治神宮第二球場に行きます。

 テレビとかで何も宣伝していないし、そもそも甲子園とか関係ないしどうでもいい大会だから混むこともないだろ、というような球場は、高校野球春季東京都大会の準決勝を見る人でいっぱいになって、1階席は満席で、今時これかい、というようなコンクリートの上にペンキを塗ったような2階席に行くことになります。明治神宮第二球場は何も売っていないのではないか、と思って途中のコンビニで、占いのラッキーアイテムだったサンドイッチでも買っていきましたが、明治神宮第二球場は売店もあり、これもアメリカだとサンドイッチとかなっていくようなハンバーガーとかビールを買って見ていくことになります。そろそろサンクスも経営統合でなくなっていくからそういうサンクスのサンドイッチも買う機会がないのでは、とお台場のサンクスでサンドイッチを買いましたが、すでにサンドイッチはファミリーマートのものになっていました。

 明治神宮第二球場は、大学野球高校野球でよく使用されています。東京は土地がないのでしょうがないのですが、東京都はマトモな球場はほとんどなく、こんな球場でも聖地みたいなものになっていくのか、ということになっています。

 第二球場ということで、すぐ横は神宮球場になっていて神宮球場の試合の様子も見えますし、音も聞こえます。開放されていた2階席も一部ロープが張ってあって、もう取り壊す球場だし耐震改修とかしていないから危ないので客を入れないのか、と思いましたが、座って横を向くと神宮球場の様子が見えるから¥1500する東京六大学の試合を¥800で見せてたまるか、ということで客を入れさせないようでした。明治神宮第二球場は普段はゴルフ練習場なので、一塁側はゴルフ打ちっぱなしになっています。東都六大学野球の二部以下になると、明治神宮第二球場を利用していくことになりますが、内部では明治神宮第二球場のことを神宮第二球場ではなく、ゴルフ場と言っているようです。出ている広告も、野球観戦者でなくて、ゴルフを練習する人に、ゴルフ場予約サイトを宣伝したり、ゴルフボールのメーカーを宣伝していくようになっています。

 高校野球春季東京都大会の準決勝第一試合は三塁側に国士館高校が来ていました。春の大会は甲子園関係ないし、応援とか来ないのでは、と思いましたが、ブラスバンドチアリーダーも来ていました。一応この試合に勝つと、今年は茨城県開催の高校野球春季関東大会に出場することができます。国士館高校はかつては硬派な学校で、そんなチアリーダーとか関係ない学校でしたが、今はすっかり普通の高校になっているようです。国士館高校は世田谷区にあって、夏は以前は東東京でしたが、昨年からまた西東京に戻っていました。その前も西東京になっていたりとか、世田谷区の学校は東とか西とか翻弄される運命にあるようです。

 一塁側はトランペット1本と口ラッパだけの早稲田実業がいました。3番の清宮選手が人気だから、今度の秋季東京都大会決勝は4月27日の平日にナイターで神宮球場で開催されるようになりましたが、どうなることやらと思っていたら、いきなり5点取られてその後もズルズル失点したり早実のほうは暴走したりしました。一応清宮選手も高校通算82号ホームランを打ってはいましたが、東京都高野連も先走ってあんな神宮球場とか取ったりして、というような試合展開でしたが、

 結局最後は8回裏に早実が10点取って、1回表の5−0で国士館がコールド、というのはどうなったのか、というような16-8の8回コールド結果になりました。これで無事に東京都高野連の目論見は当たっていましたが、どうなるのでしょうか。早実は東京2位以上が確定していたから5月20日からの茨城県で開催される関東大会への出場も決まりましたが、茨城県高野連もホクホクとなるのでしょうか。

 梯子していくその前に、今は日本青年館が改修工事中だからということで神宮球場から最も近い店になっているホープ軒でもひさしぶりに行きます。ここは24時間営業なので、朝食はここでもよかったのかも、と思いつつ

 こういうラーメンはタイガースのメッセンジャーとか好きそうだけど、そういえばあまり横浜家系ラーメンとかのことは言わないな、というようなラーメンを食べます。メッセンジャーはスープが薄まるからモヤシはいらないしチャーシューだけでいいということを主張していますが、この店は入れ放題のネギも関西とは違うしメッセンジャーとか来ないかと思います。関西と関東はいろいろ味の面で差があるという話もありますが、そういえばネギはそういう話題では登場しませんでした。

 今日は梯子観戦の日だから、ということでまた神宮球場に戻ります。

 神宮球場東京オリンピックでは資材置場になって競技は開催されませんが、オリンピック後は秩父宮ラグビー場のところに移転改築されていくようです。ここもそのときはもう取り壊されるのか、といういつからあるのかわからない銘板のようなものを見て店を回って買物をしてから

 空いているからネット裏に座っていき

 立教大学

 慶応大学の試合を見ていくことになります。

 東京六大学野球のときも神宮球場は店がやっていたと思いましたが、プロ野球併用日はプロ野球だけ対応する店が多かったようで、今年もあった店は準備中でした。そこでコンビニにもあるようなから揚げ棒とか食べて、今は神宮球場しかない¥500の缶から移し替えて販売していくビールとチューハイの中からチューハイでも飲みます。販売員さんに今日は連投ですか、と聞いていくと、笑顔でハイ!と答えていましたが、天気予報が外れて寒いし売れるかなと心配していました。

 慶応大学からはドラフト1位で加藤投手がカープに入ったからか、赤い人たちが観客席にも増えていたと思ったら、試合は2−2で引き分けになりました。東京六大学って延長戦しないのか、ということを実際に初めて知ります。アマチュア野球だから当然なのかもしれませんが、試合前と試合後にこうしてホームベースをはさんで挨拶していくのも、高校野球と同じなのか、ということも今さら知ることとなります。

 神宮球場正面は左に東京六大学があって右は東京ヤクルトスワローズとなっていました。神宮球場は以前は第二甲子園とか言われていたようにビジターのファンが多い傾向にありますが、今はもう第二マツダスタジアムとかそんなことになっていたようです。カープマツダスタジアムの試合はほぼ売り切れていたようですし、広島から遠征してくる人も多いのか、週末のこの4月22日の試合はさっさと売り切れになっていました。さすがに三試合は多いし、そもそも急に予定変更で来ていたから、家に帰ってフジテレビONEででも見るかということで帰ります。

 千駄ヶ谷駅方面からも後から後から赤い人とすれ違う中、あと三年後は東京オリンピックの梯子観戦とかできるのか、と思いつつ国立競技場建設中の姿を見て

 いったん家に帰っていくと、雨が降っていて雨中の神宮球場とかブラタモリを見てから、夕食を食べるためにゆりかもめの一日乗車券の有効利用のためにまたお台場に行きます。外国人観光客が減ったのか、それとも雨だからか、カサを差している人とかほとんどいませんでした。

 豊洲でこういう食事ができる日が来るのか来ないのか、ということを思いつつ、本当は朝はこういう刺身定食でも食べようと思っていたのに、という刺身定食とアジフライとビールを飲んで

 何度も見ているが本物は見たことがない自由の女神とか見て、一日は終わっていきます。