読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

4月9日の日記

今日の出来事:1241年−ワールシュタットの戦い、1643年−阿部一族の反乱、1788年−松平定信が将軍輔佐に就任、1858年−安政地震:飛越地震、1863年−足利三代木像梟首事件、1865年−南北戦争終結、1942年−第二次世界大戦バターン死の行進、日本軍がフィリピンのバターン半島を占領、1952年−もく星号墜落事故

今日は、ワールシュタットの戦いです。1241年4月9日、モンゴル帝国のヨーロッパ遠征軍とポーランド・ドイツ連合軍が激突した戦いです。ワールシュタットとは、ドイツ語で「死体の山」を意味します。モンゴル帝国の第2代皇帝・オゴデイは、1235年の「クリルタイ」で諸国への遠征を決議しました。当時、モンゴル軍はチンギス・ハンの時代に中央アジアのホラズム帝国を征服し、西は黒海沿岸のグルジアまで達していました。西方遠征軍の総大将となったジョチ家の当主・バトゥには5万の戦闘経験の豊かなモンゴル人と2万人の徴用兵、さらに中国人とペルシア人の専門兵が与えられました。モンゴル高原を出立したバトゥは、キプチャク草原やキエフ大公国をはじめとするルーシ諸国を征服しました(モンゴルのルーシ侵攻)。1241年3月12日にバトゥ率いる遠征軍は、ハンガリー王国をカルパティア山脈の東部から北部に掛けて侵攻しました。軍勢の4分の1がハンガリー軍を南ロシアの草原に誘き出すために送られ、バトゥ率いる主力部隊が黒海の北西沿岸にあるワラキアを破壊した後、ティサからペストへと接近しました。3月18日、「フミェルニクの戦い」でポー\xA5

薀鵐彪海❺皀鵐乾觀海箸寮鐺丨蚤真瑤了狃鍤圓鮟个靴毒塰未靴泙靴拭↗唫薀唫娶凜椒譽好錺妝祇い蓮∧譴班弯佑箸箸發縫ɓ襯僖謄↗∋殻丨力爾両觝匹鉾鯑颪垢觧槪魴茲瓠△気蕕縫皀薀凜↗△愨猗鬚靴泙靴拭◀海譴砲茲辰謄唫薀唫佞陵㍊麓圓賄垰圓鯤譩類掘▲疋ぅ鎚鑱未覆匹愴鯑颪掘△修梁召僚嗣韻燭舛六確咾覆匹愼㉛瓦靴泙靴拭◁慣遑影訢▲皀鵐乾觀海魯唫薀唫佞謀魲紊靴泙靴燭❶△曚槎疑余暍屬里海療垰圓鵬个鯤詎舛泙靴拭◀修慮紊気蕕頬名紊掘▲轡蹈鵐好唎貌類蠅泙靴拭↗皀鵐乾觀海魯Ś疋蘋遒鯣気箟砲い播呂蠅泙靴拭↗檗璽薀鵐彪海亙捨呂ⓑ④蠅覆ǂ辰燭燭畍綢爐掘▲皀鵐乾觀海魯轡蹈鵐好唎僚E圈Ε凜蹈張錺佞泙把梢覆靴泙靴拭◀修了顗∨棉彤弽瑤鮠そ犬靴織轡蹈鵐好噱琇Ε悒鵐螢哿伽い侶垣Ľ❶▲譽哀縫張,妊凜 璽張薀妝雲いⓝ┐い襯椒悒潺〼海療魲紊鯊圓辰討い泙靴拭◀修海妊皀鵐乾觀海蝋況睫槁犬鮴擇蠡悗─▲譽哀縫張,燃特呂侶垣Ľⅸ厳襪靴拭屮疋ぅ帖Ε檗璽薀鵐貧ゟ膩魁廚鯑い鳥槪砲靴泙靴拭↗悒鵐螢哿伽いⓒ羶瓦箸覆辰拭屮疋ぅ帖Ε檗璽薀鵐貧ゟ膩魁廚砲蓮⇒イ譴進爾販瑤辰進爾ⅵ俠澆靴討い泙靴拭7海鮃柔丨靴討い襪里鰐永爾篦⏉僂気譴進睚次⌆曻繒鎧里判昭圈▲曠好團織覽鎧涼弔\xC8

テンプル騎士団からの少数の騎士、そしてドイツ騎士団でした。ヘンリク2世が集めた軍は、2万5千人でした。ヘンリク2世は軍を4つの大きな部隊に編成し、主力のドイツ騎士団と他の騎士たちを中央に前衛と後詰めに配し、民兵や徴用された歩兵はまとめて一つの部隊として騎士の後方に配置しました。一方、モンゴル軍が動員した兵力は2万人でした。前列中央に陽動戦術の訓練を積んだ軽装騎兵を配置し、両側面には騎射や槍での接近戦を行う事のできる軽装騎兵が、後方には正面からの騎馬攻撃を得意とする重装騎兵が控えていました。1214年の「ブーヴィーヌの戦い」のように、当時のヨーロッパにおける騎士の戦術は、敵の中心への猛攻撃でした。まず前衛の騎士たちが軽装騎兵に攻撃を仕掛けて、蹴散らされました。しかし、前衛の騎士たちは後詰めの騎士たちと共に態勢を建て直すと再び攻撃しました。するとモンゴル軍は中央の軽装騎兵を偽装撤退させて連合軍の主力である騎士団を誘い込み、両翼の軽装騎兵による騎射で混乱に陥れました。そして騎士団の背後に煙幕を焚いて後方の歩兵と分断すると、完全に混乱状態にある敵軍をモンゴルの重装騎兵が打ち破りました。煙幕\xA4

慮類海Δ砲い進睚爾脇┐河任Φ鎧里箸修譴鯆匹Ε皀鵐乾觀海了僂鮓ǂ襪函〻寡櫃剖遒蕕譴毒堊槪靴泙靴拭F┐欧襦屮疋ぅ帖Ε檗璽薀鵐貧ゟ膩魁廚鬟皀鵐乾觀海詫銅呂覆圯彪發掘△Ľ咾燭世靴た瑤諒爾ⅶςい気譴泙靴拭◀修慮紂▲皀鵐乾觀海魯Ś疋蘋遒鳳茲辰臣楼茲鯀歹い靴討い①⊋欞蕕量槁犬任△辰織凜蹈張錺佞魎袷瓦貿鵬擷靴泙靴拭◀海寮錣い覗躬蔑甦韻離悒鵐螢哿伽い論鏤燹△修慮瑗箸任△襯轡蹈鵐好咩Ε團礇好伐箸ⅶ拉曚靴討い織轡蹈鵐好唎肇唫薀唫佞慮痎里亙ⓝ槪掘▲檗璽薀鵐匹賄鋋譴ǂ蕷鵑里④泙靴拭↗皀鵐乾觀海呂海寮錣い陵眛詎砲亙未良徧發❺悒襯泪鵐轡絅織奪箸妊肇薀鵐轡襯凜.縫〼海髻■各賓紊砲魯丱肇ニ楝發❶屮皀劼寮錣ぁ廚妊魯鵐❺蝓七海魴眷砲靴泙靴拭◀海裡海弔寮錣い帆歹だ錣韮隠桔贛佑ⅶςい気譴泙靴拭↗檗璽薀鵐匹鮴雰類靴織丱肇イ楼貉顥Ą璽好肇螢△離Ε▷璽鷆瓩唎泙杷漚蠅泙靴燭❶▲皀鵐乾觜陳襦ΕŚ乾妊いⅰ淹爐靴浸槪砲茲辰禿餌爐靴泙靴拭▷屮錙璽襯轡絅織奪箸寮錣ぁ廚魯皀鵐乾襪凌噲兇紡个垢襯茵璽蹈奪僂量娠燭魴茲靴燭噺世錣譴詒畄狹Ţ埓錣任靴燭❶▲皀鵐乾觀海砲箸辰討狼格疾鐔僂両鐺擦砲茲辰胴圓錣譴振秒論錣両〕琛鵬瓩丨泙擦鵑任靴拭\xA3

次に、阿部一族の反乱です。阿部一族の反乱は、江戸時代に肥後・熊本藩で起きた家中の重職・阿部一族が上意討ちで全滅した事件です。1641年、熊本藩主・細川忠利の病状が悪化し、側近達は次々と殉死を願い出ました。老臣・阿部弥一右衛門も殉死の許可を乞いましたが、謹厳な彼を昔から煙たがっていた細川忠利は「生きて新藩主を助けよ」と遺言し、許可が出ないまま死去しました。そのため、旧臣達(大塚喜兵衛、原田十二郎、本庄喜介、太田小十郎、内藤長七郎、野田喜兵衛、伊藤太左衛門、小林理左衛門、宮永少左衛門、橋谷市蔵、井原十三郎、津崎五介、南郷与左衛門、右田因幡、寺本八左衛門、宗像嘉兵衛、宗像吉太夫、田中意徳)が次々と殉死して逝く中で、阿部弥一右衛門は以前どおり勤務していました。しかし、彼が命を惜しんでいるかのような家中の評判を耳にし、一族を集めて彼らの面前で切腹を遂げました。しかし、遺命に背いた事が問題となり、阿部家は新藩主・細川光尚から殉死者の遺族として扱われず、家格を落とす処分が出されました。鬱憤を募らせた嫡子・権兵衛は、細川忠利の一周忌法要の席上で髻を切りました。そのため、非礼を咎められて捕縛され、\xC5

霏影瑛佑貿萁蠎鵑箸気譴泙靴拭H佑ǂ薜貘欧鵬辰┐蕕譴薪拿鼎覆訝竸ǂ法⊆|法μ鏝淙識劼呂犬甍貘欧漏亳腓魴茲靴堂杏澆卜¤凪討發蠅泙靴拭◀海Δ靴董"ど廹貘欧郎拈邯瀨阿虜垢係類韻親ぜ蠅隼狷丨鯏験ǂ靴徳缶任靴泙靴拭\xA3

その次に、松平定信が将軍輔佐に就任です。江戸幕府第10代将軍・徳川家治が死去して田沼意次が失脚した後、第11代将軍・徳川家斉の下で松平定信は老中首座・将軍輔佐になりました。松平定信は幕閣から旧田沼系を一掃粛清し、祖父・徳川吉宗の「享保の改革」を手本に、幕政再建を目指す事になりました。「寛政の改革」の始まりです。

その次の次に、安政地震:飛越地震です。飛越地震は、1858年4月9日午前1時頃、越中飛騨国境(現・富山と岐阜県境)の跡津川断層を震源に発生したM7.1と推定される地震です。「飛越」とは「飛騨」と「越中」を指す言葉です。北陸地方飛騨国を中心に大きな被害をもたらし、死者426人、負傷者646人、家屋の全半壊・流失2190戸とされています。家屋の倒壊も著しく、飛騨では700戸余りが損壊し、200〜300人の死者が出ました。富山藩士の体験記には「地面が階段状に隆起した」、「水や砂が噴き出した」などと被害状況が描かれています。立山連峰では「鳶山崩れ」が発生し、鳶山が崩壊しました。これにより「立山カルデラ」に大量の土砂が流れ込み、常願寺川河道閉塞が起きて堰止め湖が形成されました。この堰止め湖は4月23日と6月8日の余震及び近隣で発生した誘発地震により二度にわたり決壊し、下流の平野部に大きな被害をもたらしました。3万石以上に相当する田地が土砂に埋まり、多数の死者と流失家屋が出ました。一度目の洪水で農業用水が埋まり、その復旧工事にあたっていた人が二度目の洪水に襲われて溺死したところもあり\xA4

泙靴拭B召砲眇青明遒箙㬢徉遒覆鼻〳特呂撚脇司頂匹ⓗ囊犬靴泙靴拭◀海涼録未牢忩豸Ô棉堯⌆抻蓋¿④剖瓩だ彡点鄰覗悗粒萋阿砲茲襪發里反篦蠅気譟△海涼覗惘茲い任浪伐阿療櫺朗┐❸毅亜鵑魃曚─⊅翅彧紊Ľ茲喊弘造任錬隠娃亜鵑療櫺朗┐任靴拭◀海痢嵌开枌録漫廚砲茲衄囊犬靴仁Ä穫∧㯃ζ仍海了蛎諒瑗擷任△襦崙仍格琛譟廚蓮■隠沓娃掲唎棒轍ⅳ¤乃唎④拭崑臙\xAB崩れ」、1911年に長野県で起きた「稗田山崩れ」とともに「日本三大崩れ」の一つとなりました。鳶山には大鳶山と小鳶山の二つのピークがありましたが、山体崩壊により大鳶山と小鳶山は完全に消滅し、立山カルデラに大量の土砂が流れ込みました。カルデラ内の立山温泉では温泉客と従業員が土石流に巻き込まれて死亡しました。その後も土砂の流出で度々、土砂災害が発生しています。立山カルデラでは、現在も砂防工事が行われています。カルデラ内に残存している土砂の量は21世紀初頭の時点で約2億m3で、これは仮にすべて流出したとすると富山平野が厚さ2mの土砂で覆われてしまう程の量です。

そのまた次に、足利三代木像梟首事件です。幕末の1863年に京都等持院にあった室町幕府初代将軍・足利尊氏、二代将軍・義詮、三代将軍・義満の木像の首と位牌が持ち出され、賀茂川の三条河原に梟首されて晒されました。犯人は平田篤胤の平田派国学の門人で、会津藩士・大庭恭平も関与しました。足利将軍三代を逆賊とする罪状が掲げられました。それまでの「天誅」は、開国派や公武合体派である個人を狙ってのものが大半でしたが、この事件では足利将軍の木像を梟首する事で暗に倒幕の意味を持つものとして重要視されました。江戸で公募された「浪士組」の上洛直前で、挑発的行為とも言われています。京都守護職松平容保は、この事件に激怒し、尊攘過激派に対抗する強い組織を作るという決心を強めました。後に「新選組」が生まれるきっかけとなりました。以下、「足利三代木像梟首事件」の犯人達のその後です。

大庭恭平:会津藩士、捕縛され信濃国上田藩に流罪、「戊辰戦争」が始まると釈放され「衝鋒隊」に加わり各地で戦功を立てる。会津藩が劣勢になると、仙台藩庄内藩に赴いて援軍を願い出る。会津藩が敗れると死者の埋葬など戦後処理をし、会津藩の再興に尽力する。

師岡節斎:国学者、捕縛され遠島

三輪田元綱:伊予・神宮、捕縛され百日押込

仙石佐多雄:鳥取新田藩士、幕吏に追われて自刃

高松平十郎:信濃豪農、幕吏に追われて奮闘するが闘死

青柳健之助:国学者、捕縛され遠島

建部建一郎:牛久藩士、捕縛され遠島

長尾郁三郎:京都の商人、捕縛され永牢、「禁門の変」による火災が六角牢にせまると斬殺

宮和田雄太郎:尊皇家、捕縛され洛中洛外追放

長沢真事:陸奥、捕縛され遠島

野呂久左衛門:岡山藩士、捕縛され洛中追放

岡元太郎:岡山藩士、長州に逃れる、新選組の松山幾之助を殺害し、遊説中に包囲され自刃

西川吉輔:近江の商人、捕縛され山城国中構い・江戸十里四方追放

角田忠行:神官、伊那に潜伏し後に、熱田神宮宮司

中島錫胤:徳島藩士、逃亡し徳島藩に自首、維新後に兵庫県令などを歴任し貴族院議員

小室信夫:丹後宮津豪商、逃亡し徳島藩に自首、維新後、民撰議院設立建白書を起草して自由民権運動に参加、品川弥二郎らと共同運輸会社(のちの日本郵船)を創立

北村義貞:播磨の農民、逃亡後に「天誅組の挙兵に」参加、「池田屋事件」では難を逃れ、「禁門の変」では長州軍に従う

梅村真一郎:島原藩士、逃亡後に下関で「馬関戦争」に参加、江戸にて鈴木重胤を暗殺し、「天狗党の乱」に加わり自害

伊藤嘉融:島原藩士、逃亡後に下関で「馬関戦争」に参加、江戸にて鈴木重胤を暗殺し、「天狗党の乱」に加わり自害

石川貞幹:鳥取新田藩士、逃亡後に「天誅組の挙兵」に参加して捕えられ処刑

水郡善之祐:河内の大庄屋、逃亡後に「天誅組河内勢」の首魁となり、捕えられ処刑

中村慎吾:常陸郷士豪農、逃亡

野城廣助:上総市原郡・庄屋、逃亡

大楽源太郎長州藩士、その後、「冷泉為恭暗殺事件」や「禁門の変」、高杉晋作の「功山寺決起」に参加、「大村益次郎暗殺事件」や「奇兵隊脱退騒動」の首謀者とされ処刑

そのまた次の次に、南北戦争終結です。アメリカの「南北戦争」で、南軍のリー将軍が降伏宣言し、戦争が終結しました。奴隷制の拡張に反対するリンカーンが大統領に就任した事により、アメリカ合衆国を二分する「南北戦争」が起こりました。奴隷制存続を主張するアメリカ南部諸州のうち11州が合衆国を脱退し、「アメリカ連合国」を結成しました。この「アメリカ連合国」と「アメリカ合衆国」に留まった北部23州との間で戦争となりました。戦争は4年間続き、ついに南軍の首都リッチモンドが陥落しました。そしてリー将軍が降伏し、南北戦争は終了しました。両軍合わせて62万人もの死者を出したアメリカ史上最悪の戦争となりました。

さらに次に、第二次世界大戦バターン死の行進です。1941年12月23日、台湾から派遣されたフィリピン攻略の主力部隊である本間雅晴中将が率いる第十四軍が、ルソン島リンガエン湾に上陸しました。フィリピン防衛の任に当たっていたのは、ダグラス・マッカーサーが率いるアメリカ極東陸軍(米比軍)でした。マッカーサーは12月24日にマニラの「無防備都市宣言」を行った後にマニラから撤退、バターン半島コレヒドール要塞に立て籠もりました。米軍は撤退途中、人影があれば撃ち殺し、村があれば機銃掃射して皆殺しにしました。日本軍は翌1月2日にマニラの無血占領に成功しました。その後、日本軍はコレヒドール要塞を攻撃しました。3月12日に、マッカーサーコレヒドール島を脱出しました。4月9日、日本軍はバターン半島を死者130名、負傷者6808名を出して占領しました。降伏したエドワード・P・キング少将が率いるバターン半島の米比軍は、約7万6千名もの多数が捕虜となりました。米軍部隊は、日本兵に使われるのは業腹だからと、多くのトラックを破壊しました。壊さなかった部隊は「死の行進」を歩む事なくそれで収容所まで行きま

した。なお、コレヒドール要塞はその後も籠城戦を続けていました。全捕虜がトラックで輸送されるはずでした。しかし、トラックの大部分が修理中で、米軍から鹵獲したトラックも、継戦中のコレヒドール要塞攻略のための物資輸送に当てねばなりませんでした。結局、マリベレスからサンフェルナンドの区間88キロを、将軍も含めた捕虜の半数以上が徒歩で行進する事になりました。この区間の行軍が「死の行進」と呼ばれる事になります。米兵達は降伏した時点で、既に激しく疲弊していました。戦火に追われて逃げ回り、極度に衰弱した難民達も行進に加えられました。日米ともにコレヒドールではマラリアデング熱赤痢が蔓延していました。また、食料調達の事情などから日本軍の河根良賢少将は、タルラック州カパスのオドンネル基地に収容所を建設しました。米比軍のバターン半島守備隊の食料は降伏時には尽きており、日本軍も捕虜にまわす食料の余裕はありませんでした。さらに炎天下で行進が行われたため、約60kmの道のりで多くの捕虜が倒れました。この時の死亡者の多くは、マラリア感染者と言われています。トラックで運ばれた者や行進の先頭にいた者以外に対し、多\xA4

唎竜埖垤坩戮❹△辰燭噺世錣譴討い泙后◀海稜愀覆箸靴董∧疥困砲覆觧槪鮹僂困戮④發里箸垢詆灵❹⓱洞舛靴討い泙靴拭◀泙親䡄楫海任聾機后~賡陲里燭瓩鵬ヂ任垢觧槪ⓕ贒鐡Ľ砲△蝓⌆塢鬠召箸澆襪畔疥困砲睨塾呂鮃圓辰討い泙靴拭◉犲圓ⓐ鈇┐人廾琛砲蓮ヿ獣呂了愼嚇ěÇ譴砲△辰芯埓囉丨砲△蠅泙靴拭D埓囉丨呂海寮鐐茲録夕鏨崟鐐茲任△襪箸靴董▲▲瓮螢ɕ擁嫉里惑鮨佑任△襪ǂ蕁▲侫↗螢團鷽擁嫉里藁∪擇蠎圓世ǂ藹莊困靴蹐叛霪阿掘∉斑任如崑臻椡弔ǂ蕁廚里發里箸垢詈疥困僚莊彩仁瓩鮟个靴討い泙靴拭◁慣遑稿賓畫娃隠瓜髹◆⊄茖僑砧甲鳥蔑疉瑤ǂ蘚渡辰如⊄臻椡通仁瓩半里靴栃独羞格疥困鮗融Δ擦茲箸いμ仁瓩ⓕ呂④泙靴拭◀海量仁瓩砲亙現颪❹覆﨏槓Ľǂ匹Δʊ燭錣靴い燭瓠ヿ従譴任鰐技襪靴燭蟲佞吠疥困鮗疂詎靴燭箸両攜世發△蠅泙后◀靴ǂ掘¬仁瓩論簑个任△襪箸靴董⊆孫圓靴深圓發い泙靴拭K楷峅軅加羮④蓮△海譴蕕了欬陲鬚泙辰燭圡里蠅泙擦鵑任靴拭〽鑲峠蠅砲燭匹蠱紊い燭里鰐鵤桔詇汗蘓佑如¬鵤契蘓諭腺泳贛佑❺泪薀螢△箋欧─⌅莽ʔ△修梁床ヂ如⊇莊困覆匹濃猖瓦靴燭噺ǂ蕕譴討い泙后J瞳海了猖桓圓錬横械娃或佑筏㌻燭気譴討い泙后4道襪瞭䡄槓爾肋唎覆咩∉㉛瓦詫動廚\xC7

した。フィリピン人の場合は、現地の民衆の間に紛れ込めばわからないので、脱走者が多くいました。戦後の「マニラ軍事裁判」等において、本間雅晴や捕虜移送の責任者であった第14軍兵站監・河根良賢少将は「死の行進」の責任者として有罪の判決が下されて処刑されました。

最後に、もく星号墜落事故です。もく星号墜落事故は、日本航空羽田発名古屋、伊丹経由福岡行の便が伊豆大島に墜落した航空事故です。事故が発生したのは1952年4月9日、羽田空港を午前7時42分に離陸した「もく星号」は直後に消息を絶ち、翌日の朝に捜索活動を行っていた同僚機の「てんおう星号」によって、伊豆大島三原山山腹に墜落しているのが確認されました。この飛行機には、活弁士・漫談家大辻司郎八幡製鐵社長の三鬼隆などの著名人も搭乗していました。また当時、飛行機は運賃が他の公共交通に比べて高い乗り物だったため、「もく星号」の乗客も社会的地位が比較的高い人間ばかりでした。日立製作所の取締役や石川島重工の役員、ハワイのホテル支配人、炭鉱主、国家公務員などがいました。彼らを含む乗客・乗務員37名全員死亡という、当時としては大規模な航空事故となりました。なお、講談師の五代目一龍斎貞丈大辻司郎と同じ仕事のため飛行機で向かう予定でしたが、東京での仕事があったために1日遅れの出発となり、命拾いをしました。また、ロイヤル社長の江頭匡一も、東京での仕事が長引いて出発が1日遅れたため、難を逃れました。しかし\xA1

⊂誕¤鮴笋辰討ǂ藥蝶爾箸覆辰独噱ǂ気譴襪泙任隆屬蓮▲泪好灰澆箏抻‥硑隆愀古檞匹眈霾鵑鬚曚箸鵑票蠅貌類譴觧槪ⅸ侏茲此△修里燭畭燭唎量こ稜Ь霾鵑ⅵ璵遒靴董岾ぞ紊防垰魲紂廖◆屮▲瓮螢ʌ概,ⅻ限玄圓鯣噱ʔ廖◆崗莎卅完焏技㯃廚覆匹慮輅鵑ⅷ 垢紡任燭譴泙靴拭F辰膨杭蠍¤涼亙鍊罅崢杭衞瑛Э景后廚蓮∋櫤里陵眛詎了飜未如峇蹐Δ嚬擷ǂ辰紳臘垰箆沙瓠廚箸い♦命辛佞④竜Ⅶ槪魴悩椶靴泙靴拭▷嵬|未虜猯舛ⓐ鈇┐燭茵櫃ǂ┐辰督イ蠕擇訛臘垰箆沙瓠廚箸いΩʢ个靴蚤臘圓涼模辰鮑椶擦討い泙靴拭E欄類呂泙澄離侫薀ぅ肇譽魁璽澄次廚筺屮椒ぅ好譽魁璽澄次廚ⓐ曈漚気譴討い覆ǂ辰疹紂⊋欄類旅匐昰廟¤篁櫤料楮困蕨ゟ膵餬魁兵村租Ľ砲郎瀑詝▲瓮螢ʌ魁砲療鎛»爾砲△辰燭燭瓠⊊突郢檥錣両楮戮郎◀睇毀世陛世ⓑ燭唎△蠅泙后◦簑❹気譴觴腓閉突邯彊琛蓮▲▲瓮螢ɕ優僖ぅ蹈奪箸砲茲訌狃張潺浩發筺⊋欄鮊蔚莪茲隆廟¤鮃圓覆辰討い織▲瓮螢ʌ海隆廟¦潺浩發❹△蠅泙后◀泙拭ヿ紊傍…垢魘晌舛泙覗漚辰織織唫掘識薪昭蠅砲茲訃攜世ǂ薺…弘蕺鮴發盖鵑欧蕕譴討い泙垢❶∈能ŮĽ膨突邯彊琛脇団蠅気譴覆い泙涸楮困ⅸě擦靴泙靴拭◀海譴蓮▲▲瓮螢ʌ海隆廟¦潺垢覆疋▲瓮螢ɕ佑離潺垢ⅶ櫤\xCE

の主因となっていた事から、アメリカ軍を中心とした連合国軍の占領下の日本人の「反米感情」を煽らない為にあえて「原因不明」としたのが真相と言われています。

今日の誕生日:ティムール、大川橋蔵三谷昇天宮良伊藤美紀伊藤さおり北陽)、ミラクルひかる山下智久(元NEWS)、厚切りジェイソンヒカルタカイメジロラモーヌ、ムービースター、サクラキャンドルエアジハードエイシンプレストンテイエムオーシャンエイシンデピュティクィーンスプマンテ

今日の記念日:大仏の日、左官の日、反核燃の日、よいPマンの日、子宮頸がんを予防する日、フォークソングの日

今日の「今日訓」:本日は、天平勝宝4年4月9日、「奈良の大仏」の開眼供養が行われた事で「大仏の日」、1985年、青森県知事・北村正哉が、県議会の全員協議会で核燃料サイクル施設の推進を表明した事で「反核燃の日」、「しっ(4)く(9)い」の語呂合わせで「左官の日」、ピーマンの主産地である茨城県高知県鹿児島県、宮崎県が制定した、Pと9の形が似ている事から「よい(4)P(9)マン」、「4県のP(9)マン」の語呂合わせで「よいPマンの日」、「子(4)宮(9)」の語呂合わせで「子宮頸がんを予防する日」、「フォー(4)ク(9)」の語呂合わせで「フォークソングの日」となりました。