コンピュータープログラムのバグ(帰納法と演繹法で特定せよ)

まず、現象として、コンピューターに誤作動、バグが起こっているとする。

その時、帰納法的(結果から原因を推察する)に考えると、その現象が起こる原因が、そのバグのゆえんになってるに相違ない。

してみると、演繹法的(原因から結果を推測する)になんらかのコード、もしくは、ハード面の、問題によって、解決することが妥当だろうと思われる。

その間の思考に、一本道になるような論理的妥当性を持つ原因が、プログラマーなら浮かび上がるはずだ。

あとは、そこにパッチ当てるだけ。

プログラマーはもう少し、理工の、電池電気回路、とかを、重点的に学んで、A=B、B=CならA=Cという簡単な数式に物事を落とし込むことを、実践すべき。

これでいいかな?

のだきゅん?

鳳真基