アイスクリームの復権 - 吉田嘉七 ヒリッピン詩集より

   **************************************************

ヒリッピン詩集 自昭和十八年四月 至昭和一八年九月

先行日誌です;

 ガ島生きのこり - 吉田嘉七 ブーゲンビル詩集より

  http://SNS.jp/view_diary.pl?id=1959629080&owner_id=34658408&org_id=1959628646

   **************************************************

アイスクリームの復権

          吉田嘉七

港に着くと街路樹があった

燃えている火焔樹であった

赤い樹樹の間に家があった

家は白い壁を列ねて街であった

夢ではなかった

しかし夢のように街を歩いた

男がいた、女もいた

上衣もスカートも花のようであった

喫茶店は街の唇であった

エスコルタの雑踏する人人を時時吸って又吐いた

まるいテエブルの白いクロスがまぶしかった

とかげや、椰子の果や、乾燥野菜でない味が

柔らかい手で運ばれてきた

アイスクリームは復権した

舌先に昔のぼくが居る

十杯分の軍票でポケットをふくらませその時ぼくは幸せであった

吊下げた剣の鳴るのも忘れていた

    ------ラバウルよりマニラ到着の日に

   **************************************************

Escolta Street 港から東に1?程の繁華街です。

   **************************************************