読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オキシトシン?

オキシトシンについて

視床下部神経核で合成され,軸索を下降して下垂体の神経終末から血中に分泌される神経分泌という概念が打ち立てられた.

血流により,ターゲットの乳腺や子宮に到達し,妊娠末期には分娩のため子宮収縮を生じる.

また,出産後は乳腺からの乳を放出する

神経分泌細胞体や樹状突起から脳内へも分泌される

オキシトシンの投与により,人は信頼を増すという

オキシトシンは,信頼・信用を持ち続けるという結果を示した.

オキシトシンホルモンを、追ってみました。

http://youtubelist.sblo.jp/article/106111439.html

脳下垂体の直ぐ上に、内分泌細胞があり(視床下部と呼ばれるところ)

     

       脳の中のホルモン        脳下垂体  脳と体を結ぶところ

緑の部分が精子卵子を育てえる司令塔

青が、命令を受けるところ

下の写真は、オキシトシン細胞の下脚が伸びた様子

視床下部オキシトシン細胞は、長い尻尾を持っていて、血管にたどり着き、オキシトシンを出し、血流に乗り、子宮、精巣にたどり着く。

出産時は子宮収縮させる。

一方、上に伸びたの(写真の黄色い光)右手は扁桃体、左手は側坐核に伸びています。

扁桃体・・・・このブログ  

   ここに、オキシトシンが届くと、神経細胞の興奮が収まり警戒心が解ける

   側坐核・・・・このブログ (笑い、人間をつくる為に)

http://ameblo.jp/tanukon100/entry-12153345868.html

     快感を司る。ここにオキシトニンが分泌すると、快感を覚える。

相手への警戒心が解け、快感を感じ離れたくないと思う。

オキシトシンの形は、ヒトの場合、この様に長く延び、下の血管まで伸び、もう一方の脚(上に向かい枝分かれしている脚)は 扁桃体と、側坐核方面に枝分かれしている。

    平原ハタネズミは、普通の野ネズミに比べて、脳内にオキシトシンレセプターが多い 

                

平原ハタネスミは、夫婦同士、また子供に対し愛情が深い

これは、オキシトシン細胞が他社と関係を作るうえで非常に重要だと言う証拠です。

綿密な絆を形成するに欠かせないのがオキシトシン細胞と考えます。

http://40exchange.com/oxytocin-864  (ケリーマクゴニガル講演より)

オキシトシンは脳に働きかけるだけではなく体にも作用します。

ストレスの時も、血管を弛緩した状態に保ちます。

心臓に、オキシトシンの受容体があり、ストレスによる損傷を、癒せるように新細胞の再生を助けるのです。

オキシトシンは、心臓を強くするのです。

オキシトシン作用が、社会的接触や支えによって、増強されるのです。

自閉症と、オキシトシン

http://seseragi-mentalclinic.com/asd-oxytocin/

アスペルガー発達障害自閉症の新薬!?オキシトシンの効果と展望

せせらぎメンタルクリニック

毎度の事なのですが、

自閉症スペクトラム障害は、以前は、

自閉症

(広汎性)発達障害

アスペルガー症候群

など、様々な名称で呼ばれていました。厳密に言えばそれぞれに違いがあるのですが、混乱を避けるため現在ではこれらをまとめて「自閉症スペクトラム障害」と呼んでいます。

混乱を避ける為これらの3つの症状をまとめて「自閉症スペクトラム」とした

混乱を避けるはずの病名が、余りにも多くの混乱を引きおこしているのです。

時代が進むにつれ病名が細分化され、各々に対し病の研究がされてきました。

だからこそ、病に対する対策が、進んできたのです。

それが、残念ながら、時代に逆行して別々の病を一色単にしてしまいました。

その被害者の代表的な方が、世界でも有名なDavidMitchell(デビットミチェル)さん

http://ameblo.jp/tanukon100/entry-12230209990.html   

自閉症の子を持つデビットミチェルさん ?

http://ameblo.jp/tanukon100/entry-12230280336.html

自閉症の子を持つデビットミチェルさん ?

自分の子が自閉症との診断が下り、悩んでいたところ、日本の素晴らしい自閉症者と知り合い、自分の子もそのぐらい良くなるだろうと期待していたが、会ってみて同じ自閉症でも、病の根本が全く違う事に気が付いたのです。

#ハッシュタグ

#自閉症

#強度行動障害

#オキシトシンの効果