言語道断!

おはようございます。

今朝高速バスで仙台に到着しました。

代表戦で1週間J1は中断したので久々の仙台。

気持ちが高まっています。

しかし。ベガルタ仙台の話ではないですが。

そういう気持ちに水を差しかねないサポーターの暴挙が

残念ながら発生してしまいました。

名古屋サポーター5名が敵地で暴走…殺虫剤持ち込み使用、相手を侮辱

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170331-01638314-gekisaka-socc

Twitter上で内容見ましたが、名古屋グランパスの一部サポーター(というかフーリガン)が

先週3月26日あるウィンでに行われた松本山雅FC戦において

スタジアム内に殺虫剤を持ち込み、その殺虫剤を使って

松本山雅マッチデープログラムに載っていた山雅の選手

(しかもその選手は名古屋在籍経験がある)の写真に吹きかけて破き

その様子を撮影して、自慢げにSNSに投稿したというもの。

全く、神経を疑います。一体スタジアムに何をしに来ているのか?

愛するチームを応援するため。勝たせたいために来ているんじゃないのか?

にも関わらず相手選手を侮辱するような行為に走りそれを平然と世界中に見せびらかす

暴走行為。フットボールファミリーとしてこういう奴らを認めたくありません。

そんなことしたところで名古屋の選手は喜ぶと思っているのでしょうか?

おそらく大半の名古屋の選手は喜ばないでしょうし、

むしろそのようなクラブの評判を大きく落とすサポーターを

恥に思うことでしょう。

大多数の真摯に応援している名古屋のサポーターも迷惑でしょうね。

本当に相手を中傷侮辱して何か面白いんですかね。

そんなことするエネルギーがあるならそのエネルギー、味方の応援に向ける方が

遥かにクラブのためですよ。

結局相手を侮辱するような行為をする人はクラブが好きなんでなく

クラブの応援を隠れ蓑に不愉快行為を行いたいだけのならず者なんでしょう。

はっきり言ってそういう人はスポーツに関わらないでもらいたいです。

と言っては見たものの、我が軍もこれを「対岸の火事」と笑ってはおれんのは辛いところ。

これに近いことを平然とやりそうな人、

サポーター(と呼べない自分はいつも行くから、先頭に立って応援するから、

お金をたくさん落とすからえらいと勘違いしているフーリガン)にいますし。

実際、2011年の東北ダービーでは相手を侮辱する行為して処分食らっていますからね。

まあ、あの時は大半のサポーターがその暴走行為を良しとせず、

相手への励ましのコールで包まれたのは救いがありましたが。

とにかく、相手のことをどうこう言ったり、侮辱する暇があるのなら

ひいきクラブの声援に力を入れてもらいたいものです。

サッカーに関わらず、どのスポーツでも一緒。

相手チーム、相手チームの選手に敬意を払えない人にスポーツを観戦する資格はありません。

広告を非表示にする