笠岡から倉敷、海岸線を行く(自転車篇)

浅口市寄島町を走り抜けて、倉敷市の境界を越える。境界を越えると、傍示の鼻という岬があって、続いて帆崎という岬が次にある。

海岸に沿う道から市街地に入って行く。

海岸なら道に迷うことはないが、市街地に入ると、方向感覚が狂ってしまう。どっちへ進むべきなのか、国道2号線か、玉島市街か、たぶん直進、玉島市街だろう。

直進すれば川に当たるはず、当たりました。川岸に出て、玉島大橋が見えている。

水島と玉島を結ぶ水玉ブリッジラインというのがあって、溜川に架かる橋が玉島大橋。

予定では新幹線の新倉敷駅まで行くつもりだったが、折り返して帰る行程を考えると無理は出来ない、ここで打ち切って引き返すことにしよう。

倉敷の玉島地区を走り抜けて、浅口市寄島町、ここのラウンドアバウト交差点で右折して、海岸沿いから山側に向かう。

編集が終わりました。

新しいページをアップしています。

これは一部分の抜書きです。

全体の姿は下のリンクからお出で下さい。

http://sherpaland.net/bike/2017/bike-170311-kasa_kura/bike-170311-kasa_kura.html

----------------------

「しぇるぱ散らし踏み」

http://sherpaland.net/

----------------------