条件の悪い持ちカード

【条件の悪い持ちカードに勝因の力がある】

私には、小児麻痺で

足の不自由な妹がいる。

小学生の頃は元気であったが、

中学校に入るとおとなしい妹に

変わった。

不自由な足は成長が遅く

落差がめだっていくのである。

ところが、ある日、妹が強くなった。

”小児麻痺であることがわかった”

と明るく語ってくれた。

小児麻痺であることを

不幸の原因にするか、

認めて、落差を一つ一つ埋めていくかは、

天地雲泥の差がある。

妹は小児麻痺を勝因のカードに

変えることができたのである。

「つづいてこそ道」

 一燈園同人 石川洋著より